ドライブレコーダー AI解析

ヤフーがドライブレコーダーの動画データをAI解析して、道路沿いの情報をテキスト化する実験を開始したという記事がありました。


実際にドラレコの動画から得られる情報はたくさんあります。

車の前方だけでも、ドラレコの視野角の広さから道路沿いの景色も映りこんでいるので周囲のお店や、ガソリンスタンドの価格、さらには、渋滞状況など。

2014-04-12 06.51.05xss.jpg

この実証実験として、東京の区内を10台ほどの車両を走らせるそうです。



こういうリアルタイムで得られる情報って重要なだけに、今後の展開に期待します。






カー用品、送料、手数料全て不要、商品価格のみしか頂きません!!液晶王国



見守るクルマの保険(ドラレコ型)

自動車保険業界も、ついにドライブレコーダーを取り入れ始めました。



ドラレコで安全運転をサポートする保険「見守るクルマの保険(ドラレコ型)」の販売が2019年から開始されます。


主には、事故発生時にドライブレコーダーが衝撃を検知すると録画映像を自動的に契約保険会社へ送信するというもの。


迅速で的確な解決を図る事を目的としています。



一番良いのは、その現場ですぐに状況に応じた対応の仕方をアドバイスしてもらったり、ドライバーに安否の確認をしてくれたりと、緊急を要する自体では大きな効果がありそうです。


ドライブレコーダー サイクルコンピューター

自転車にもドラレコ。

ドライブレコーダーにもなるHDビデオカメラを搭載したサイクルコンピューターが発売されています。

xplova(エクスプローバ)のサイクルコンピューター、X5 EVO。



自転車のほうが、危険度は高いだけにドラレコは、より必要かと。


0-07xs.png


バイクにカメラと言うと、今まではヘルメットにつけるのが主流だったと思いますが、これはハンドルバーにつけるサイクルコンピューターにカメラが内臓されている一体型。


そして今買うと、スピード・ケイデンスセンサーがもれなくプレゼントされます。


ドライブレコーダー ノイズ

ドライブレコーダーを選択する時に、ひとつ気になる点を見つけました。

それはドラレコのノイズ対策。


042xss.jpg


レーダー探知機とかカーナビなどが発生するノイズで画像が乱れたり、はたまた動作に支障が出る場合もあるようです。


と、同時にドラレコ自体がノイズ源になって逆にレーダー探知機などに影響を与える事も。


特に安いドラレコは、そのあたりのノイズ対策が万全でないものもあるので購入する時には注意をしたほうが良いようです。







ドライブレコーダー メーカーシェア

ドライブレコーダーってどこのメーカーが売れているの?


ちょっと気になる部分。

やはり売れているメーカーはそれなりに評価されているし、信頼性もあるという事でしょう。

87c944adc4a989ccda57146d5e864731_ss.jpg


メーカーシェアの比率を表す、BCN AWARD 2018というのがあります。

実際に売れている結果からきているものなので信頼できるデータ。


それによると、コムテックが全体の3割ほどを占めてトップ。

アマゾンの売れ筋ランキングでも1位になっています。

次にくるのが無線機の老舗でレーダー探知機で有名なユピテルで、1/4ほど。

それに続くのが、ビデオカメラやオーディオなどでよく知られているケンウッド。




これらが3強で全体の7割だそうで、後はその他大勢。

小メーカーだからといって大手より必ずしも劣るとはいえませんが、これほどまでにも違うものなんですね。

モノを売るのは、モノ自体の良さだけでなく販売戦略も起因してくるのでこれだけでモノの良さをいう事はできませんけど。



コムテックが人気なのは次々と新製品を投入しているところでしょうか。



電子機器は基本的に新しい物ほど性能がアップしているのが普通なので、買うのであればその時の最近機種を選ぶのは基本。

特にドラレコは、趣味などの範疇を越えて万が一の時に証拠として使われることもあるので、性能をケチるわけにはいきませんからね。